LuckyOceanのブログ

新米技術士の成長ブログ

ロジカルシンキング#3を受講して

はじめに 社会人学生ライフも3週目に突入した。四半期ごとに7週で区切りなので、来週で早くも折り返し地点だ。四半期が過ぎて、1年が過ぎて、2年が過ぎてっとあっというまに時間は経過するのだろう。それぞれの区切りで足跡を残していきたいと思う。また…

ITU-R研究会に参加:5Gなど周波数共用技術の動向

はじめに 5G(第五世代移動通信システム)の課題は色々あるが、やはり最も根本的な課題は周波数バンドの捻出だ。これは5Gのみの問題ではなく、これに続く6Gも7Gも同じ課題に直面する。プラチナバンド 現在の携帯電話やスマートフォンが主に使っている代表的な…

クレディセゾンについて

はじめに クレディセゾンのイメージを聞かれるとどうだろう?おしゃれな感じだろうか。テレビCMもインパクトがある。セゾングループの中でも頑張っている企業という感じがする。1. クレディセゾンの事業 クレディセゾンのメインの事業は下の図に示すように圧…

英語の授業「open innovation」にチャレンジ

はじめに 先週の米倉先生からのお勧めもあり、英語の授業にチャレンジした。勧められると自分の英語能力の低さなど現実的な制約条件を考慮せずに、ステップを踏み出してしまう点が自分の欠点でもあり、特徴でもある。頭の整理のためにもちょっと振り返ってみ…

クレディセゾンの林野社長

はじめに 私が陶酔する米倉誠一郎先生の「ビジネスリーダ育成講座」の2週目を受講した。相変わらず話題が広がる。クレディセゾンの林野社長へのプレゼン この授業は、単に知識として学ぶだけではなく、ビジネスリーダとしての実践力を高めることが目的だ。…

MBA甲子園とは?

はじめに 本日は、ファイナンスの2週目の講座を受講した。昼時間には、カンボジアへの企業視察研修の事前説明会があった。まだ、これに参加するかどうかは決めていないので、別途方向性が決まったら詳しく説明したい。授業はすでに少し始まっていて、何の話…

世の中にはリスクが一杯!

はじめに 春期講座の2週間目が始まっている。今日はリスクマネジメントの2回目だ。先週のレビューをして、今週の講座をして、飽きてきた頃に、先週出された宿題を発表したり、新しい演習にトライしたり、そして今日のまとめをして、来週への宿題が提示され…

演算法や帰納法はもう古い?!

はじめに 春の授業も2週目に突入した。前回出された宿題を提出して、指名された人が発表して、先生が講義して、グループ演習して、そして、今日のまとめをして終わり。だいたいそんな感じだ。宿題の提出 前回の宿題のテーマは、渡された論文の内容の要約を…

二度漬け禁止やでの串カツ田中

はじめに 最近、串カツ田中が気になっている。お家の近くの串カツ田中は、小さな子供を含めた家族の憩いの場になっている。以前は男性を中心とする大人の憩いの場だったはずだけど、どうしたのだろう。そもそも串カツ田中ってなに?少し調べてみたら、大阪の…

インベスター必須の金融電卓(HP12C)

はじめに 昨日は、3つの講座を受講したが、その内最後の米倉先生の授業のことは先に書いた通りだ。1つ目は生産管理だった。自分の専門分野なので履修しようと思ったけど、米倉先生から英語の授業だけど、「Open Innovation」が面白い!と聞いたので、来週…

米倉誠一郎さんのイノベーションにかける想い(その2/2)

前半(その1/2)の続きです。 米倉誠一郎さんのイノベーションにかける想い(その1/2) - LuckyOceanのブログ歴史から学ぶの観点から話はイノベーションの話へとどんどん展開します。明治維新はイノベイティブだった 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学…

米倉誠一郎さんのイノベーションにかける想い(その1/2)

はじめに 4月から学校に通い始めた。火曜日の夜と木曜日の夜にそれぞれ1講座、土曜日に3講座を受講して、計5講座だ。このペースを維持すれば、1年間は4学期で、1講座2単位なので、40単位となる。上限を考慮して後半調整すれば良い。ということで昨日は3つの…

1年間で名刺交換300枚だった。

はじめに 昨年の3月末に名古屋から東京に戻った。この4月には、勤務地が飯田橋から大手町に変わった。そんな中で受領した名刺の数を数えたら1年間で約300枚だった。最近は、名刺管理にEIGHTを活用している。そこに登録しているのが1300枚ほどだが、そのうち…

ロジカルシンキングを受講して

はじめに 今週からMBAの授業が始まった。火曜の夜と木曜の夜と土曜日の授業をとれば、まあ単位数としては十分だ。飲み会のお誘いは、月曜、水曜、金曜に誘導している。ゴルフは金曜日だ。眠くない 自慢ではないが、学生時代は「眠狂四郎」と呼ばれていた。文…

リスクマネジメント

はじめに 安心・安全は自分にとってのライフサイクルでのキーワードにしたいと思っている。その意味からは、リスクマネジメントは重要なキーテクノロジーだ。リスクマネジメントの専門家による話を伺ったので、ポイントのみまとめたい。リスクとは 2018年度…

長時間労働と単純労働のどちらが問題でしょうか?

はじめに 働き方改革とはなんだろう。労働時間が長いことが問題なのだろうか。違うと思う。研究開発には朝早くから夜遅くまで没頭したものだなどと偉い人は言う。それはその通りだけど、ちょっとポイントがずれているように思う。では何が問題なのだろうか。…

時差ボケへの対処法

はじめに 海外旅行や海外出張の時に悩ましいのがやはり時差ボケだろう。時差ボケとは何か、時差ボケにはどのように対処するのが良いか。大好きな友人が海外旅行に出発する。ぜひうまく時差調整して、旅行を楽しんでほしいと思いながら、時差ボケへの対処法に…

抽象性と具体性を繰り返すと説得力が上がる

はじめに 技術士の二次試験は、選択式問題がなくなり、全て記述試験となった。記述問題で合格点を取得しようとするには、そもそも担当する技術部門の技術的な知識が必要だが、それだけでは十分ではない。やはり、合格する論文には論理性があること、必要なキ…

ドイツ銀行破綻と消費税増税見送りの可能性

はじめに 2019年はビッグイベントが目白押しだ。まずは4月1日に新元号が発表され、5月1日には皇太子さまが新天皇に即位される。さらに、10月には消費税が10%に増税される。しかし、その増税は、2008年に発生したリーマン・ショック級の出来事がない限りとい…

学習と研究の違い:技術士が目指すべきこと

はじめに 「勉強ごっこ」は役に立たないという人がいる。多分、学生時代に勉強で優秀であっても実社会では通用するとは限らない。頭でっかちで実経験のない人間は役立たない。そんなニュアンスだと理解している。技術士になるためには試験に合格する必要があ…

西野七瀬の魅力は「儚さ」かもしれない。

はじめに 西野七瀬の魅力はなんなのだろう。外見だけではない内面的なものに惹かれているような気がする。多分、いわゆるアイドルを目指す人たちはどうしても競争に勝ち抜かないといけないためアグレッシブにならざるを得ない。しかし、西野七瀬にはそれがな…

名刺管理を考える。

はじめに 名刺管理といえば最近はTVでコマーシャルもしているEightを愛用している。現時点でEightに登録している名刺は1307枚だった。しかし、最近、メニューや仕様が変わった。そもそも名刺はいつ頃から使われていたのか。世界で使われる名刺の7割は日本だ…

西野カナとジュゴンを考える

はじめに 最近気になるトピックが標題の2つだ。特に関係はないけど、それぞれへの想いを簡単に書いておきたい。1. 西野カナ (1) 結婚発表 純粋におめでとうと言いたい。1989年3月18日生まれで、2008年2月20日にメジャーデビューした。最初のアルバム「LOVE …

技術士試験:前年度の合格率と対比してみた!

はじめに 日本技術士会のホームページには、毎年3月上旬に合格者が発表される。今年は、3月9日(金)の早朝だった。自分が幹事するIT21の会でも合格者が一人いた。凄い!また、スキヤキ塾でも合格者の喜びの声が続いている。素晴らしい!しかし、平成30年度の…

大学院大学のシラバスについて

はじめに 4月から大学院大学のMBAコースに通う予定だ。今般、シラバスが展開された。展開された科目はどれも興味深い。どの単位を取得したいのか、取得できるのか、取得すべきなのか、そんな点を少し考えてみたい。シラバスとカリキュラムの違い 自分が学生…

セキュリティゲートを考える

はじめに ここ数ヶ月は、某省庁のフラッパーゲートシステムのリプレース案件に携わっている。今まで入退館システムについて深く考えたことがなかったが、やはりプロジェクトに参加すると感じることも多い。ここでは、セキュリティゲートの現状や歴史、課題、…

ゴルフのメカニズム解明にトライ

はじめに ゴルフはなぜ難しいのだろう。多分、フィジカルの問題とメンタルの問題があるし、フィジカルな問題にしても、姿勢の問題、体幹の問題、グリップの問題、そして、スウィングプレーンの問題がある。トッププロを目指すのでなければ、再現性と精度の向…

ネクタイからパワースーツまでを考える(笑)。

はじめに 3月になり、少しずつ寒さも和らいできた。5月を過ぎる頃には初夏となり、ネクタイを外して、カジュアルに活動したくなる。そんなことを考えていたら、ネクタイやスーツについて少し調べたくなった。ネクタイの起源 Wikiで見ると、ネクタイの起源は…

情報通信の時代考証をしっかりとやってほしい。

はじめに 昨晩は、日本技術士会の認定グループである「IT21の会」の例会だった。2人の講師によるダブル講演がパターンだ。そのうちの一つが「テレビドラマの時代考証に物申す」という内容だった。面白かったので、自分の興味ある部分などを混ぜながら少し振…

風邪ひいた。。(涙)

はじめに しばらく頑張りすぎたかもしれない。ちょっと疲れが溜まっていたのと、工事の立会いがビル内とタカを括ったら、意外と寒かった。ビル内も地下1階とか地上2階なら暖かくて快適なのだけども、1階だとドアが開いたときに寒い外気が吹き込み結構寒い…