LuckyOceanのブログ

新米技術士の成長ブログ

資格試験

労働安全衛生法:難問解読No.10(平成25年第1問)

はじめに 難問解読のNo.10だ。正直、これ以外にも色々と難問はあるけど、まずはこの10問で一区切りとしよう。昨日は興味深いテーマのセミナーを開催したので、それについても少し書きたいけど、これを書き終えたら一休みします(笑)。平成25年度の最初の問題…

労働安全衛生法:難問解読No.9(平成24年第7問)

はじめに 難問解読のNo.9だ。今回は、爆発とか火災に関する問題だ。労働安全衛生法で規定する業務は危険と背中合わせばかりだ。危険防止法とかだと直球すぎるのだろうか。【平成24年第7問】 1. 設問の問 爆発、火災等を防止するため事業者が講じた措置に関す…

労働安全衛生法:難問解読No.8(平成25年第10問)

はじめに 難問解読のNo.8だ。なんだかだんだん手抜きになってきたか。もとい、無駄を削いで効率的になってきたか。今回はクレーンの危険に関する出題だ。毎年、中盤の問題はクレーンとか、ずい道とか、ボイラーとか、テーマを絞って問いてくる。【平成25年第…

労働安全衛生法:難問解読No.7(平成25年第5問)

はじめに 難問解読のNo.7だ。今回は掘削作業の問題だ。掘削作業を行う場所はトンネル内だったり、崖だったり、危険と背中合わせだ。このため、安全管理のための法律や規制もきめ細かく定められている。【平成25年第5問】 1. 設問の問 掘削作業等における労働…

労働安全衛生法:難問解読No.6(平成27年第3問)

はじめに 難問解読のNo.6だ。これは、第3問で、建設業における安全衛生体制に関する問題だ。これは難解というよりは、引っ掛け的な問題だ。【平成27年第3問】 1. 設問の問 建設業における安全衛生体制に関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上、誤ってい…

労働安全衛生法:難問解読No.5(平成26年第14問)

はじめに 難問解読のNo.5だ。これは、第14問で、先の第13問に続けて、作業主任者についての問題だ。紐解いて行きたい。【平成26年第14問】 1. 設問の問 作業主任者に関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上、正しいものはどれか。2. 設問の回答と関連法規…

労働安全衛生法:難問解読No.4(平成26年第13問)

はじめに 難問解読のNo.4だ。これは第13問で、計画届けとか、報告書等に関する問題だ。少し紐解いて行きたい。【平成26年第13問】 1. 設問の問 計画届、報告書等に関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上、誤っているものはどれか。2. 設問の回答と関連法…

労働安全衛生法:難問解読No.3(平成26年第11問)

はじめに 難問解読のNo.3だ。これは第11問で、管理態勢ではなく教育の問題だ。どこがムズイかを紐解いて行きたい。【平成26年第11問】 1. 設問の問 注文者、元方事業者、機械等貸与者等の講ずべき措置に関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上、誤ってい…

労働安全衛生法:難問解読No.2(平成26年第2問)

はじめに 難問解読のNo.2だ。これも第2問だ。どうも、第2問がムズイというか、自分の理解度が足りていないようだ。これも、安全衛生管理体制についても出題だ。そもそも自分はあまり管理が好きじゃない。でも、そんな言い訳をしても仕方がないので、どこが…

労働安全衛生法:難問解読(平成29年第2問)

はじめに 10月16日に労働安全コンサルタント試験がある。楽観主義者の自分もちょっと焦りが出てきた。法令の問題は15題出題され、過去6年分の問題を集めてトライしたが、その約2割の16問は何度やっても正解に収斂しない。これは自分の理解度が乏しいためだ…

労働安全衛生法:「計画」を考える。

はじめに 労働安全衛生法は、労働災害を防止するための法律であるが、それだけではなく、労働者の安全と健康を確保し、より快適な職場環境を形成することが目的だ。原文だと次の通り。 (目的) 第一条 この法律は、労働基準法(昭和二十二年法律第四十九号…

5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人

はじめに 会社にライブラリーがあり、その愛用者だ。月に一度ほどライブラリーの利用状況のレポートが配布されるが、その時の読書感想を求められた。どうしようかと思ったが、まあお世話になっているので表記の新書について書こうと思った。でも、表紙を見た…

労働安全衛生法:潜函(せんかん)を考える

はじめに 今回の台風21号は西日本を中心に記録的な猛威をふるった。関西空港は水没したが、明石海峡大橋はどうだったのだろう。明石海峡大橋は、神戸市垂水区と淡路市を結ぶ全長3,911mの世界最長の吊り橋だ。1998年に竣工し、建設費は約5,000億円だという。1…

労働安全コンサルタントへの道のりは長い。。

はじめに 10月16日(火)は大好きな姪っ子の長男の誕生日だ。同時に、この日は、国家試験である労働安全コンサルタントの試験日だ。労働安全コンサルタントとは 日本語のWikiでは、労働安全コンサルタントとは、「労働安全衛生法82条に基づく労働安全コンサル…

労働安全コンサルタントへの道のりは長い。。

労働安全コンサルタント Wikiによると、労働安全コンサルタントとは、労働安全衛生法82条に基づく労働安全コンサルタント試験(国家試験)に合格した者で、同法84条に基づき厚生労働省に備える労働安全コンサルタント名簿に登録した者である。つまり、厚生労…

情報工学の二次試験と労働安全コンサルタント

技術士試験にトライ♫ 7月16日の技術士二次試験の結果は10月30日に発表される。そのうちの択一問題の正解は7月23日に発表された。この択一問題で6割を正解しないと記述問題は採点さえされない=不合格となる。択一問題はなんとかクリア! 情報工学の問題はな…

技術士二次試験(情報工学部門)受験してきました。

今日も暑かったですね。本日、東京大学駒場キャンパスで実施された技術士二次試験にトライしてきました。今回が四部門目です。総合技術監理部門のみ別の会場でしたが、残り三部門はここでした。最初に行った時は右も左もわからず、お昼はキャンパス内の公園…

技術士の二次試験にトライする人へのエール

7月16日の二次試験まで後1週間を切りましたね。ラスト1週間や前日、当日の注意点をまとめておきます。1. ラスト1週間の注意点 これまでやってきた技術ノートの作成や過去問題へのトライをレビューしましょう。不足している知識を補充するために新しく参考…

三幕構成をご存知ですか?

セキュリティの調べ物をしていたら、なぜか三幕構成という単語が気になり、調べると、映画の脚本とかを作るときの基本的な構成だという。セキュリティと全然関係ないけど、面白そうだと感じた。小学生4年生の時に、文化祭で催しをすることになり、担任の先…

サイバーセキュリティ対策について考える

サイバー攻撃に対してどのようにサイバーセキュリティ対策を実施するかは多くの企業にとって課題だ。平成28年度の情報工学(情報ネットワーク)の課題IIIでは、ズバリ多層防御の考え方や対策を問う問題が出題されている。キーワードは、多層防御、APT攻撃、3…

情報工学の試験は奥が深く幅が広い(涙)

はじめに 技術士情報工学部門の平成29年度の試験問題はなんとか回答できたので、次は平成28年度の問題にトライしようとした。しかし、ムズイ。全然分からない。仕方ないのでネットで関連情報を調べて理解を深めようとしたら、知らない言葉や分からない概念が…

テレワークを考える。

最近、ブログの更新をサボっている。これはこの3月までと異なって9時ー17時の普通の勤務に戻ったため、可処分時間が減ったことと、7月16日の技術士試験の受験勉強を優先しているためだ(言い訳)。昨年度の情報工学部門の記述問題に取り組もうと思ったら「…

技術士に合格する勉強時間は過労死認定レベルか?

技術士にトライしている人は一体どれほどの時間を学習に当てているのだろう?技術士にトライする人は、主任技術者として、もしくは監理技術者として寝る暇もなく重要なプロジェクトを任されてるようなベテランが多いかもしれない。そんな人たちはなかなか学…

労働安全コンサルタントの可能性

日本技術士会の分科会主催の話力のセミナー 講師は、一般社団法人話力総合研究所の理事長である秋田義一さんだ。秋田さんは情報工学部門の技術士でもあるが、現在はビジネスコミュニケーションの啓蒙活動に尽力されている。 理事長あいさつ|話力総合研究所…

技術士(情報工学部門)へのトライと停止性問題

情報工学部門へのトライ 技術士には過去にトライしてすでに3つの部門で登録しているが、今年度は情報工学部門にトライすることにした。昨年度の二次試験の実績で言えば、合格率はわずか7%と非常に難関な部門だ。大丈夫だろうか。情報工学部門でも、他の部門…

ヘッブの法則からAIソフトと人間の役割分担まで

ヘッブの理論 脳細胞の動きについての法則だ。ヘブ則ともいう。脳のシナプスの可塑性についての法則だと言われても何のことだかわからない。ヘッブの理論の提唱者 このヘッブの理論を提唱するのは、カナダの心理学者であるドナルドヘッブ(1904年7月22日〜198…

夕焼けトワイライト:可処分時間の捻出が課題

4月から仕事(職場)が変わり、生活スタイルが変わった。もっとも大きいのは、可処分時間だろう。これまでは、ミッションとしての講演をこなせば、その前後の移動時間や待機時間を含めて、その時間の使い方は自分の自由だった。講演のない日は、つぎの講演の…

平成29年度:技術士二次試験の合格発表はドキドキ♪

平成29年度の技術士二次試験の合格者が3月9日(金)の早朝に発表されました。朝の6時の予定だったが、それより10分前ぐらいにはもうアップされていました。そして、ドキドキしながらスマホの小さな画面で見ると、あれ?ない?ない?あれ?おお!あった!!!と…

技術士になって良かったなあと思うこと

技術士を目指す動機 なぜ技術士を目指そうとしたのか。それは人それぞれだと思います。会社の仕事でどうしても技術士の資格が必要だったという人もいるかもしれない。なんとなくかっこよさそうだからという人もいるかもしれない。資格マニアのターゲットにな…

技術士試験への挑戦:志を持ち、計画を立て、着実に実行しよう!

はじめに技術士をご存知でしょうか?いわゆる士業の一つだ。士業には、弁護士や税理士などの業務独占の士業と名称独占の士業が有る。技術士はこの後者の名称独占の資格だ。公共の安全や社会的な責任が大きいために国家試験で有資格者を認定している。技術士…