読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LuckyOceanのブログ

新米技術士の成長ブログ

築地市場を豊洲に移転する文化的な側面

築地市場豊洲移転問題を論じる場合に、安心・安全というキーワードで議論が進んできた。

 

これは必要な議論だし、食の安全を担保するという意味では重要だ。

 

飲料対象外の地下水が基準を超えていても安全面では問題ないが、それだけでは安心できないという心情的な議論に移っていた。

 

しかし、日本在住40年以上のリシャールコラス氏(シャネル日本法人社長)のコメントは、日本人以上に日本の文化保存を訴えている。日本人として、日本の文化に対する思いが足らなかったと恥ずかしく感じた。

 参考:http://toyokeizai.net/articles/-/171868

 

自然の保護問題の難しさは因果関係の複雑さによる。例えば、治水の観点からダムを建設した。その結果、下流の水量が減少し、上流からの砂が下流に流れなくなり、下流の生態系が破壊されたり、海岸線が縮小したり、想像もしない影響が後から発生し、それに気づいたときにはもう新たな生態系が生成されていて、元には戻せない。そんな状況で元に戻すこともできず、かといって放置もできず解決策がないという非常に困難な課題に昇華してしまう。

 

今回の築地市場の問題も、築地市場が古くなり、衛生上の問題があるから、豊洲に移転して、築地市場の跡地は銀座にも近いから再開発しよう。どのように再開発するのかは存じないが、条件が合えばカジノでも誘致して一大レジャーランドにでもしようと考えている輩がいるのではないかと想像してしまう。

 

そうではなくて、築地市場を移転することは、江戸時代から流れる文化をここで断ち切ることになるという側面をもう一度考える必要があるのかもしれない。

 

日本の人口は50年後には8800万人まで減少するという予想もある。どこで底打つのかは分からないが、人口が縮退した時に、日本が海外に誇れる文化を後世に残すというのは現在を生きる我々の使命かもしれない。

 

東京駅の再開発の時に、文化遺産の価値のある部分を残したように、築地市場文化遺産の価値のある部分は残しつつ、近代的な設備を導入するような再開発を行い、それが完成するまでの間は豊洲に移転するといった方法もあるのではないだろうか。

 

難しい問題だが、単に食の問題ではなく、日本人、日本のレゾンデートルを問われている問題なのかもしれない。

 

 

「STOPit」は、日本においても「いじめ」撲滅の救世主となるか?

STOPitをご存知でしょうか?

 

STOPit(http://www.stopit.jp)は、子供達がいじめにより被害を受けていることをなんとか救済しようと、Todd Schobel(https://twitter.com/toddschobel)が立ち上げたサービスです。

 

すでに、世界6ヵ国で約6,000校・266万人に活用されているという。

 

2016年6月20日のプレスによれば、国内の利用第1号は、学校法人羽衣学園中学校(大阪府高石市)だ。同校では、次のようなサーシャルメディアガイドラインを定めている。利用のガイドラインを示す一方で、校内の連絡にLINEを取り込むなどの先進的な姿勢も示している。同校のHPを見る限りはSTOPitの文字はないため、どんな利用状況なのか機会があればインタービューしていたい(http://www.hagoromogakuen.ed.jp/pdf/20151019-1.pdf)

 

2017年1月30日のプレスによれば、国内の小学校での導入第1号校は、私立帝塚山小学校(奈良県奈良市)だ。「STOPit」利用対象は、3~6年生という。同校のHPを見ると、STOPitを「学校やSNSで友だちとのトラブルに悩んでいる子どもの声をいち早く学校が把握し、早期解決を実現して安心した学校生活を送るためのシステムです。」と説明していた。導入したばかりなので、今後の動向が気になるところだ。
 (http://www.tezukayama-e.ed.jp/security_safety/security.html

 

STOPitの日本法人を確認してみると、NPO法人とかではなく、株式会社となっていた。代表の経歴を拝見すると千葉大学の卒業生だった。

今回、このSTOPitを知ったきっかけは、千葉大学の藤川教授がFacebookに投稿されていた朝日新聞の記事だったので、なんとなく納得してしまった(笑)
 (http://www.asahi.com/articles/ASK524GQZK52UDCB00J.html

 

フレネルゾーンをご存知でしょうか?

プラチナバン

携帯電話は、現在ではほぼどこでも使えるようになった。でも、エリア拡張時にはA社はプラチナバンドを使っているから有利だけど、S社は繋がりにくい2GHzを使っているからエリアが広がらないと言った説明を聞いたものだ。このプラチナバンドとはいわゆる800MHz帯の周波数領域のことだ。

 

なぜエリアが広がらないのか?

周波数が異なると次の2つの要因からエリアの広がりに差異が生じる。
1)電波伝搬損失の違い
2)回りこみの違い(フレネルゾーン)

 

電波伝搬損失とは?

いきなり漢字6文字で難しそう(笑)。実は、電波が空中を伝搬するときには減衰するが、その減衰レベルを電波伝搬損失といい、その減衰量は距離の二乗に比例して増大し、周波数の二乗に比例して増大する。したがって、同じ減衰量だとすると、到達可能な距離は周波数が高いほど短いことになる。2GHzは800MHzに比べて周波数が2.5倍高いので、同じ減衰量で到達する距離は2.5分の1となる。例えば、800MHzなら半径1kmのエリアをカバーできたのに、2GHzなら半径400mの狭いエリアしかカバーできないというのはこのためだ。

 

フレネルゾーンとは?

電波は、周波数が高くなると減衰量が増えるだけではなく、回りこみもしなくなるという。これを数式で説明したものがフレネルゾーンである。送信アンテナから放射された電波は、受信アンテナに向かってラグビーボールのような楕円球を形成して伝搬される。そして、アンテナ1からの距離がd1、アンテナ2からの距離がd2のポイントの半径を第一フレネルゾーン半径と呼んでいて、下の図の中の数式により計算される。ここで注意するべきは、半径は波長のルートに比例するということ。つまり、800MHzの電波の波長は、2GHzの電波の波長より2.5倍長いので、フレネルゾーン半径は1.58倍長いということ。

f:id:hiroshi-kizaki:20170508083543p:plain

(出典:http://www.netone.co.jp/report/column/20160819.html

 

このため、800MHzであれば、1.58倍の半径のゾーンを使うので、その中で多少の障害物があっても、残りのゾーンから電波が伝搬される。半径で1.58倍なので、面積では2.5倍と成る。例えば、オフィスでは窓から電波が飛来することが多い。2GHzだと少しでも基地局とずれると電波が減衰するが、800MHzなら多少かかっていても大丈夫ということになる。

 

こんなことを考えながら携帯やスマホを使っていると、あなたも電波が見えるようになるかもしれない(笑)

壁に耳あり障子に目あり

IoTが実現し、あらゆるものがインターネットに接続された状態というのは、プライバシーは確保されているのだろうか?

 

「壁に耳あり障子に目あり」とは古くからのことわざだ。英語では、「walls have ears; sliding doors have eyes」という。(出典:http://ejje.weblio.jp/content/障子に目あり)。

 

昔の長屋では、薄い間仕切りが壁だったので隣の声はよく聞こえたのだろう。また、ふすまを張った障子は濡れた指で突っつくとすぐに穴が空いたので覗き見が簡単だったからだろう。

 

アメリカはプライバシーを重んずるので、どのように対策しているかを調べてみると、米連邦取引委員会(FTC)が担当していた。FTCは、インターネット上のプライバシーを保護するため、PrivacyConというイベントを2016年に開催していて、本年1月17日に2回目を開催した。

 (出典:http://www.nikkei.com/article/DGXKZO13118850Q7A220C1X12000/

 

ここでの議論は、上記のURLからも確認できる。この中で注目したのはスマートホームでのセキュリティ担保だ。詳しくは次の論文(英語)によくまとまっている。この中でプライバシーを守るのに暗号化は必須だがそれだけでは十分ではないと結論付けしている(参考:http://datworkshop.org/papers/dat16-final37.pdf)。

 

この論文の中ではいろいろなデバイストラヒックをモニターした結果を分析している。特に、眠りのモニター信号をモニターすれば、その人が寝ているのかどうか、その眠りが深いのかどうかまで分かってしまう。

f:id:hiroshi-kizaki:20170505080055p:plain

今後、ネットに接続する機器が家庭内でもどんどん増えていくだろう。究極はこの論文でも書かれているようなスマートホームかもしれない。でも、その時にどのようにプライバシーを担保するかは考えるべき課題だ。悪意を持ってモニターする人の行為からいかに身を守るかもそうだし、それらのデータを蓄積・保有するプロバイダーがそれら情報を活用する時に、個人情報が含まれないようにするべきだ。

 

しかし、匿名加工情報の議論でもあったが、セキュリティを担保する技術と、それを破ろうとする技術はイタチごっこになりがちだ。お互い切磋琢磨するのはいいことかもしれないが、その経過で被害者にならないように慎重な利用が求められる。

 

参考1)https://www.ftc.gov/system/files/attachments/privacycon-2017-panel/2017privacycon-opening-panel1.pdf

参考2)https://www.ftc.gov/system/files/attachments/privacycon-2017-panel/2017privacycon-panel5-wrap_up.pdf

第25回みえテクノロジーカフェでの講演サマリー

2017年2月5日に日本技術士会中部本部三重支部が主催するみえテクノロジーカフェで講演をさせてもらった。内容は、自分の専門である携帯電話に関する話を中心に、スマホとかSNSとか、IoTとか、シェアリングエコノミーとか、参加者が興味を持ってそうな話題を集めてお話をした。

 

誰かにお話をしようとすると、その倍以上の情報量がないと説得力を持った説明はできないので、必然的に必死に調べる。でも、調べたことをそのまま話をしても解りにくいので、内容を熟成させる必要がある。

 

私の場合は、伝えたい内容が決まればまず目次を作成する。そして、その目次に沿って情報を収集してスライド群を作成する。今回は、Kindle Unlimitedでかなりの図書を流し読みした。でも、図書では最新情報が少ない(というか、図書になった段階で最新情報ではない)ので、ネットから最新情報を収集する。

 

ネットでの情報収集の基本は、私の場合はWikiです。Wikiで骨格を理解して、その上で、Wikiの参考文献で引用されている資料やHPを紐解いて、二次データではなく、元データを確認するようにしている。引用論文やHPを読むと啓発されることが多い。

 

いくら調べても、自分の能力と人脈の範囲では限界があるので、暫定版のスライド群をとりあえず是として、目次を微調整する。そして、これ以上変更すると本来の主旨から外れるものは、再度調べたり、分析したりする。

 

スライド群で大切な事は、論理である。一つ一つのスライドの内容のブラッシュアップはもちろん大事だけど、それぞれのスライドのつながりに不自然さはないか、論理の飛躍がないかを何度も精査する。そして、冗長なスライドは非表示にして、割愛する。

 

イメージ的には、60枚のスライド群を作る時は、一旦80枚〜100枚のスライドを作成して、それを60枚に絞り込む感じです。こうすることで、細マッチョのように、余分なぜい肉をそぎ取り、でも必要な筋肉(内容)を強化する。

 

 

まあ、そんなお題目はどうでもいいですね。日本技術士会からサマリーをA4(1枚)にまとめて欲しいと要請を受けたので、次の資料を作成してみた。

 

技術士はアウトプットの機会が多い。自分にとっては勉強になったが参加者の皆様にも貢献できただろうか。まだまだ課題は多い。。

f:id:hiroshi-kizaki:20170504101810p:plain

技術士の記述問題への対応(技術士を目指す人へのエール)

技術士とは

皆様は「技術士」をご存知でしょうか?

Wikiを見ると、『技術士とは、科学技術分野での最高位の国家資格であり、「高度な技術力を持った技術者の称号」となっている。』とあります。なんだか難しそうですね。一言で言うと、技術コンサルタントとしての実務能力を有するかを問う国家資格です。企業内技術士が多い一方で、独立した技術士事務所を開業している人も8%ほどいる。

 

技術士になるには

通常のステップだと、一次試験を受けて、二次試験(筆記試験と口頭試験)を受けて合格すると技術士として登録が可能です。認定校の場合には一次試験が免除されたりします。土木、建設などの20部門と総合技術監理部門の計21部門があります。特に難関なのは、記述問題が多い筆記試験です。合格率は一次試験が50%程度、二次試験(筆記)が20%程度、二次試験(口頭)が80%程度なので、最終合格率は8%程度ですね。

 

筆記試験とは

筆記試験には、選択問題と記述問題があります。選択問題は、例えば、建設であれば、建設部門全般の問題20問から15問を選び、そのうち6割以上=9問が正解であれば合格です。過去問題をしっかりやっていれば大丈夫ですが、将来これの見直し(選択問題をなくす)が検討されています。難関なのは、記述問題で600字の原稿用紙に計7枚を限られた時間で書く必要があります。論旨が通っていて、適切なキーワードが盛り込まれていて、理解しやすい解答を1枚30分で書く能力が求められます。これは厳しい。

 

記述問題への対処方法

技術士を目指す方から記述問題の添削を求められたのでアドバイスしました。その時に作成した図表を参考に引用します。これは特に原稿用紙3枚に特徴や課題、対処方法を記載する問題への処理フローイメージです。限られた時間にこれだけのことをしないといけないので大変ですが、日頃から技術ノートをしっかりとまとめていれば、なんとかなるでしょう!

f:id:hiroshi-kizaki:20170503095608p:plain

 

ゴールデンウィークはまとまった時間が取れる(かも)

今年受験する人は、4月28日までに受験申請しているので、ゴールデンウィークは勉強する絶好のチャンスです。でも、友達との旅行とか、家族サービスとか、出勤とか、いろいろあってなかなか勉強する時間を取れない人が多いかも。でも、これほどまとまった時間を取れるチャンスは少ないので、ぜひ技術ノートを10個ぐらいはトライして欲しいですね。頑張って。

 

マストドン(MASTODON)は新たなSNSの潮流となるか?

SNSは停滞期か

SNSは、ウェブからブログ、FB、Twitterと変遷してきた。

でも、最近はFB疲れとか、SNS疲れとかが問題となるようにSNSを利用することのメリットに加えてデメリットも顕在化してきている。個人的にも、FBへの書き込みはめっきり減った。投稿のチェックもめっきり減った。

 

SNSのサイロ化

FBにしても、Twitterにしても、LINEにしても、大量のユーザを囲い込み、そのユーザから発生するデータを管理するために、大規模なデータセンターの運用を行なっている。公共機関でもなく、ボランティア団体でもない私企業が事業を行う以上、事業目的は営利である。FBはユーザの利用データを解析して、最適な広告を展開することで広告収入を高めている。Twitterは最も使われているSNSの一つだが、収支的には厳しくて、債務超過の危機が叫ばれている。LINEはスタンプ収入等で稼いでいるようだが、膨大なデータを一手に集めている。

 

SNSサーバーの分散化

SNSの集中運用に伴うサイロ化を防止するのは分散運用だ。しかし、従来のSNSはサービス提供会社がサーバーの運用を行なっている。例えば、LINEの切り売りやFBの切り売りはされない。しかし、ドイツに住む24歳のオイゲンさん(Eugen Rochko)はTwitterのようなSNSを構築するためのソフトを開発し、オープンソースで公開した。このため、このオープンソースのソフトと独自のサーバー(インスタンスと言う)を用意すればマストドンを提供できる。

 

AKB48の推しメンのような仕組み

従来のSNSはカリスマ性のあるアイドルにファンが群がるようなイメージだとしたら、マストドンAKB48グループの推しメンをそれぞれのファンが応援するイメージだ。それぞれのインスタンスには独自ルール(個性)が認められていて、インスタンス(推しメン)を変更することも最初から想定されている。4月時点で世界には600以上のインスタンスが存在し、日本でも幾つかのインスタンスが立ち上がっている。

 

日本のインスタンス

日本でのインスタンスのランキングをユーザローカルが4月14日に発表した。これによると、国内最大のマストドンは、Nullkalさんだという。まだまだ、立ち上がったばかりなので、今後はこれが急速に増大し、拡大すると予想される。

f:id:hiroshi-kizaki:20170502115638p:plain

 (出典:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/14/news128.html

 

セキュリティの問題

 

現在、マストドンに飛びついているインスタンスは、何を目的としているのだろう。新しいビジネスチャンスの匂いを嗅ぎつけて始めたのかもしれない。単に興味からかもしれない。ただ、どのようにセキュリティが担保されているかをどのように確保し、検証するのかは課題だろう。

 

ノンストップサービス

これまでは一度SNSを立ち上げてサービス提供すると、急速に増大するビッグデータとの戦いを強いられるが、自由にインスタンスを立ち上げられるということは、自由に辞めることもできる。また、特定のサーバーの障害に影響を受けにくいかもしれない。

 

マストドンの悪用可能性
 まあ、残念ながらあるでしょう。香港では、一時期サーバを介さないFireChatが流行った。当局に監視されないのでデモのツールとして使われた。新しいSNSは新しい文化と新しい問題を引き起こす。ITは革新を続けるだろう。新しいSNSは長短を同時に引き起こす。pros and cons.

 

今後の検討課題

大切なことはなんだろう?利用から逃げること?利用を禁止すること?まず使ってみること?どうなるのだろう?多くの大人はよく分からないことはやらない。でも、一部の大人や子供達は面白そうだとやってみる。やって、問題が出ると禁止される。なので、隠れてやる。そして、問題が起きる。この悪循環をどうすれば断ち切れるのか?

 

理想論かもしれないが対応策
 やはり新しいものにもチャレンジして、正しい使い方を示し、正しい利活用を促すことではないか。そして、どのように使っているかをリーダとして把握し、必要に応じて指導する。確かに現状を鑑みると理想論かもしれない。でも、後手に回すよりは、先手・先手で対応する方がいいと個人的には思う。単に、新しモノ好きなのでは?そうかもしれない(笑)。