LuckyOceanのブログ

新米技術士の成長ブログ

GRITと成功の方程式

NHKで紹介するTEDの番組、アンジェラ・リー・ダックワースによる「成功の鍵はやり抜く力」というプレゼンを見て感動した。

https://www.ted.com/talks/angela_lee_duckworth_grit_the_power_of_passion_and_perseverance?language=ja

 

アンジェラは、有名なコンサル会社(マッケンジー)を勤務した後、NYの公立中学の数学教師になり、そこで成績が才能(=IQ)だけで決まらないことに気づき、その疑問を解明するために大学に戻って研究した結果、成功の鍵はやり抜く力という理論に行き着いたという。

 

また、アンジェラの著書を読むと、スキルは才能と努力の掛け算で決まり、成果はスキルと努力の掛け算で決まるという数式を示している。

 

つまり、成果はスキルに比例するが、その一方で成果は努力の二乗に比例するということだ。例えば、天才Gさんよりも、才能が半分のEさんがGさんの倍努力すれば、GさんとEさんのスキルはほぼ同じとなる。そして、その成果は才能が半分なのにEさんの方が倍になるという。天才は1%の才能と99%の努力というのは有名な言葉だが、本当にそうかもしれない。

 

また、アンジェラの著書では有名の投資家のバフェットのアドバイスが紹介されている。バフェットはある仕事で成功したければ、次の3つのことをするように助言した。
 1)仕事の目標を25個書き出す(網羅する)。
 2)その目標の中から特に重要な5つにマルをつける(選択する)。
 3)そして、マルのつかなかった20の目標を脳裏に焼きつかせて、それに二度と
   関わらない(集中する)。
人生は有限なので、あれもこれもやっている時間はないし、それで成功するほど人生は甘くないという。

 

アンジェラはこの目標の選択と集中を目標ピラミッドとも表現している。多くの人の目標は綺麗なピラミッドにはならず、次のような状態が多い。
・最上位の目標が欠如し、中位もしくは下位の目標ばかりある。
・最上位の目標はあるが、それを具現化する中位の目標がない。
・下位や中位の目標と最上位の目標が連携していない。

 

つまり、やり抜く力を持つ人は、最上位の目標があり、それを具体化するための中位の目標があり、それを実行する下位の目標があり、それぞれが連携しているという。

 

目標のベクトルが同じ方向に向いている時は、確かにゾーンに入ったスポーツ選手のように実力通りの成果を発揮するようになるのかもしれない。そして大事なことは瞬発力よりも持久力。まさにやり抜き力が大切なのだと再認識した。

 

まだ、途中までしか読んでいないが、このグリット(GRIT)=やり抜く力は面白い。

 

 

小池知事による豊洲問題への対処方針の発表

 本日、豊洲問題について小池知事から対処方針の発表がなされた。都議会選挙までの日程を考えると計算し尽くされたタイミングだと感じた。

 

 その内容は、短期的には豊洲市場に移転するが、中期的には築地市場を取り崩してオリンピックの開催期間はデポとしても活用する。さらに長期的には築地市場を食のテーマパークとして再開発して築地市場の国際的なブランド力を生かす。築地市場浜離宮の連携を図る。豊洲は冷凍機能を有する物流センター機能として活用するという。

 

 つまり、両方使うという内容だった。落とし所としては、よく考えられたところだったのではと思うけど、当初案との最大の違いは築地市場を売却してキャッシュを回収するのか、運用してキャッシュを稼ぐのかという点だ。豊洲も築地も安全を確保するから信じてねというのに都民が納得するのかどうか。

 

 小池知事は、何度も築地のブランド力について何度も言及していましたが、これには当ブログでも5月16日にコメントしたように、シャネル日本法人社長のリシャール・コラスし氏の意見にかなり感化されたように感じた。
 参考:http://toyokeizai.net/articles/-/171868

 

 個人的には、豊洲には市場機能を移した上で、物流機能を強化する。築地市場は第三者に売却するのではなく、食のテーマパークとして、築地市場のブランドを維持強化するという今回の案には基本的に賛成です。

 

しかし、検討すべき課題も多い。例えば、次のようなものだ。

1) 築地市場
 ・再開発プランの明確化:青写真、収支、税金投入

2) 豊洲市場
 ・物流機能の強化を含めた拡充プランの明確化:青写真、収支、追加投資計画

 

 豊洲市場には、市場としての機能を一端移行した上で、冷凍物流機能を強化するという方針であり、築地市場を再開発した後も、豊洲市場に市場としての機能を残すということだった。記者も質問していたが、そうすると、最終的に築地市場豊洲市場をどのように使い分けるのかが問題だろう。冷凍保存のニーズは今後とも増大するので、コールドチェーンとしての物流機能を豊洲が担うことと理解する。

 

 築地市場の国際的なブランドを活用するために、食のテーマパークを構築して、キャッシュフローを稼げるようにするという目論見が実現できるかどうか。築地市場が一旦なくなって、再開発後に取り戻せるものだろうか。

 

いずれにせよ、いつまでの豊洲市場への移転を反対していると都民の気持ちが離れてしまうという政治家としての嗅覚が発揮されたのかもしれない。個人的には悪くない判断だったと思うけど、これが吉と出るか凶と出るかは都議会選挙の結果で判断することになる。

 

先入観や思い込みは誰にでもあるもの。

先入観とか思い込みをバイアスと言う。今日はそのバイアスについて少し考えてみる。社会心理学的に研究が進んでいて、たくさんあるが、まずは9つのバイアスを簡単に説明する。

1) 楽観バイアス
計画を容易に達成可能と考えてしまう。自分は事故に合わないと考える。根拠のない自信が必要な場合もある。

2) 保有効果
手放す苦痛は手に入れる喜びを上回る。恋人と別れる時になって初めてその恋人の大切さを理解するなんてのもある。

3) 現状維持願望
保守的な気持ちは誰でもある。何かを変えることのマイナス面にを回避したいという気持ちに縛られる。

4) プライミング効果
事前に知っていた情報に影響を受ける。まさに先入観ですが、プラスに働く場合とマイナスに働く場合があるので注意が必要だ。

5) ハロー効果
背景効果とか後光効果とも言います。特筆する特徴があると、他の評価もそれに引きずられる。これもプラスの効果とマイナスの効果がある。

6) アンカリング効果
最初の情報が基準になって判断する店頭販売の値引き表示などはこの効果を活用した事例といえる。

7) 確証バイアス
自分の信念に一致する情報を信じる。YESマンばかりを集めたくなるのもこの効果のせいかもしれない。結果的に、類は友を呼ぶことになる。

8) フレーミング効果
情報の提示の仕方で判断が変わる。話す内容は同じでも話し方で印象が変わる。同じ事実を伝える時も、どこにフォーカスして伝えるかで印象が変わる。いわゆる印象操作の常套テクニックで他に、自分も相手も尊重するアサーティブコミュニケーション、占いでよく使割れるバーナム効果やコールドリーディングなどのテクニックがある。

9) プロスペクト理論
利益を得る場面では確実に取れる利益を優先するが、一方でリスクは全て回避したいと考える。宝くじを買うのは前者の心理であり、安心や安全を前面に打ち出す広告は後者の心理を活用している。

 

Naverまとめ (https://matome.naver.jp)
まとめサイトを見るとよく整理されている。このまとめでは、14の心理をまとめている。いずれも確かにありそうだ。最初の5つを列挙すると次の通り。

1) 内集団バイアス:自分が所属する集団をのメンバーは優れていると評価する。いわゆる身内びいき。

2) バンドワゴン効果流行を追う。勝ち馬に乗る。自分の判断より集団の判断に従う。行列のできる店に魅力を感じる。

3) アンカリング効果:最初に注目した特定の情報が判断に影響を与えてしまう。通常は1万円で販売しているが、今日は特別に5千円と言われると安く感じてしまう。

4) 確証バイアス:自分の都合の良い事実だけを見る。自分の都合の悪い情報を避ける。

5) 自己奉仕バイアス:成功は自分の努力の成果であり、失敗したのは他人のせいと考える。

そのあとは、ハロー効果、バーナム効果フレーミング効果、リスキーシフト、コンコルド効果、プロスペクト理論、あと知恵バイアス、観察者効果、認知的不協和などが列挙されている。

Cognitive Biases (https://en.wikipedia.org/
英語ですが、綺麗なマインドマップ的な図表が示されていた。基本的に、意思決定に関するバイアス(106)と社会的なバイアス(27)、記憶に関するバイアス(48)の4つに分類されている。

f:id:hiroshi-kizaki:20170617095323p:plain

 

4つのバイアス (https://ja.scribd.com)
社会的バイアス(19)と記憶のバイアス(8)、意思決定のバイアス(42)、そして可能性のバイアス(35)の4つに分類しているサイトがあった。前項とは分類方法で多少のズレがある。

f:id:hiroshi-kizaki:20170617100050p:plain

 

1.社会的バイアス(19)

f:id:hiroshi-kizaki:20170617100157p:plain

 

2. 記憶のバイアス(8)

f:id:hiroshi-kizaki:20170617100524p:plain

 

3. 意思決定のバイアス(42)

f:id:hiroshi-kizaki:20170617100545p:plain

 

4. 可能性のバイアス(35)

f:id:hiroshi-kizaki:20170617100613p:plain

すごいですね。これらを素材にして、テーマを決めたら本になりそうです。

 

ABC分析を突き詰めると自動運転による移動販売へ(笑)

ABC分析
商品の在庫とか販売量とかを分析するときに優先度を分類することで効率化する手法であり、パレートの法則に基づく考え方である。
(出典:http://www.rapport.ne.jp/mailmagazine/121023.htm)

f:id:hiroshi-kizaki:20170614114455p:plain

 

パレートの法則
イタリアの経済学者であるパレートが着目した2:8の法則である。世の中の動向は2割の要因が8割の結果を占めている事例に基づく経験則である。ABC分析では、これを3つに分割して、累積構成比が7-8割までの製品を品目Aとして重点管理し、累積構成比が9-9.5割程度を品目Bとして管理し、残りは品目Cとして管理の簡素化を図る。

 

ロングテール
ここで品目Cは非常に多くの製品だがその構成比が小さいためロングテールと呼ばれる。しかし、蓄積・分析可能なデータ量の増大に伴って、このロングテールを切り捨てるのではなく、有効に活用することの有用性に注目を集めている。代表的なものはアマゾン社のレコメ機能である(出典:http://viral-community.com/seo/long-tail-4850/)

f:id:hiroshi-kizaki:20170614114219p:plain

 

ビッグデータ
インターネットとIoTの普及に伴い世の中の動向の多くはネットを通じて蓄積が可能となった。データは10年で1000倍、20年の百万倍のペースで拡大している。2016年時点でグーグルは10エクサバイト(EB=10の18乗)のデータを保有するといわれるが、10年後・20年後にはゼタバイト(ZB=10の21乗)/ヨタバイト(YB=10の24乗)レベルに膨張したビッグデータが処理されているかもしれない(出典:Wiki)。

f:id:hiroshi-kizaki:20170614114132p:plain

 

アマゾンは発注前に配送する?
米ウオールストリートジャーナルの報道によるとアマゾンは注文を確定する前に配送センターに品物を届けるという特許を申請し、取得したという。

(出典:http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303572904579331461929753406

f:id:hiroshi-kizaki:20170614114954p:plain

 

江戸時代の豆腐売り
鮮度が命の豆腐売りは江戸時代から続くと言う。昭和の時代はラッパを鳴らして巡回した。これは消費者からの注文を受ける前に、需要を想定し、消費地を巡回して注文があればその場で渡すというある種、先進的な配送モデルだったと言えるのではないか。
(出典:https://blogs.yahoo.co.jp/kikugdoo/15161068.html

f:id:hiroshi-kizaki:20170614115800p:plain

 

自動運転車による移動販売
東京オリンピックパラリンピックが開催される2020年を目標に日本でもレベル4の自動運転(完全自動)が解禁される予定だが、人を乗せる代わりに、ものを載せて住宅地を巡回することも可能になるのだろうか。地域の過疎化や高齢化に伴ってお年寄りがスーパに買い物に行くのは大変だが、お年寄りの載せてスーパまで運ぶよりも、商品を載せて巡回する方が効率的ではないだろうか。
(出典:http://kitchencar.biz/start-a-food-truck-01/

f:id:hiroshi-kizaki:20170614120924p:plain

 

今日の妄想はこれぐらいにしておきます(笑)。

 

お団子風のサンドイッチ

中津川に初めて立ち寄る。

 

サンドイッチを頼んだら、こんなユニークな団子風でした。美味しかったです♪

f:id:hiroshi-kizaki:20170613164558j:plain

 

 

相関関係と因果関係は違う(笑)

相関関係と因果関係の違い
例えば学力と体力の関係、携帯電話やスマホの利用時間と学力との関係。一方が増加すると他方も増加(もしくは減少)する状態で関係がありそうな状態が相関関係である。一方、因果関係とはAが増加すると、それが原因となってBが増加(もしくは減少)するという関係である。

 

スマホの利用時間が増えると学力が低下
文科省の調査データによるとスマホを30分未満など節度を持って使う生徒の学力は全く使わない子供の学力よりも若干高いという結果が出ている。では、スマホを使えば使うほど学力が上がるのかというと、やはりそんなことはなく、利用時間が1時間増加すると、国語で2点、数学で3点、綺麗に下がっている。やはり節度を持った使い方が重要だ。

f:id:hiroshi-kizaki:20170612104558p:plain

 

スマホの利用時間を短くすると学力は上がるのか?
これを聞いた保護者は、やはり利用時間は制限すべきだ!利用時間を短くすれば学力が上がるんだと理解しがちだ。これは本当だろうか?答えは残念ながらノーだ。スマホの利用時間を短くしても、勉強時間が増えなければ学力が上がるわけがない。
子供自身が勉強する楽しみや学習欲を持つこと、将来の夢を持つこと、なりたい将来像を持ちそれに向かって頑張ること。そう言った動機付けが必要であり、動機付けされた子供たちが意欲を持って勉強することで、結果としてスマホの利用時間が減少するという構図が正しいのではないだろうか。

 

課題解決型と目的志向型
これはリーダシップ論だが、リーダには課題解決型と目的志向型の2つのタイプがあるという(出典:http://www.id.nri.co.jp/concept.html)。前者の課題解決型は問題が解決した時点で思考が停止する。一方、目的思考型はやりたいことがあるので、未来思考で継続的にチャレンジするという。

f:id:hiroshi-kizaki:20170612105349p:plain

 

ルールを決めることは悪ではない
何か問題が起きた時に、その原因を究明して、対策を講じる。例えば、スマホを使ってはいけない。LINEを利用してはいけない。利用時間は1時間までと言ったルールを決める。これは悪ではない。しかし、ルールを決めるとそのルールを守ろうとすると同時に、ルールを守れない行動を隠そうとする。見つからないようにしようとする。もしくはルールを守らないために問題が生じた状態を報告したり、相談することができにくくなる。その結果、問題が潜在化して、複雑になり、より深刻になる。

 

ハインリッヒの法則
重大な問題が発生した場合には、なぜ起きたのか?どうすれば良いのかと対策を練ってルールを決める。でも、ハインリッヒの法則によれば、重大な事故が起きる場合には、軽微な事故が29件発生している。さらには300件のヒヤリハットが起きている。問題は、重大な事故が発生したことではなく、軽微な事故や、ヒヤリハットに対して適切な対策を講じなかったこと。さらに言えば、そのようなことが発生していることに気づかなかったことが最大の問題だと言う。

 

見守る・相談しやすい環境を作る
問題が起きないように対策やルールを決めることは悪ではない。しかし、もっと大切なことは軽微な事故やヒヤリハットが起きていないかをよく見守ること。そして、そんなちょっとドキッとしたことを共有し、どうすれば良いのかを当事者と一緒に考えること。そして、それを関係者で共有すること。大騒ぎするのではなく、静かに見守り、教訓を共有し、同じ過ちを繰り返さないこと。これが大切なのではないか。

 

VRは普及期に向かうのだろうか

ガートナー社のハイプ曲線
ハイプ曲線とは、米コンサル会社のガートナーが商品を黎明期、流行期、幻滅期、回復期、安定期の5つのフェーズに分けて、イノベーションがどのフェーズに入るかを示すもの。例えば、2015年版ではVR技術が幻滅期後期だが、2016年版と2017年版では回復期に遷移している。

f:id:hiroshi-kizaki:20170611172652p:plain

 

VRとARの違い
VRは仮想現実。一般にはゴーグルなどのデバイスから見える世界を仮想現実と呼んでいる。ARは拡張現実でポケモンGOの世界だ。現実世界の上で仮想的なイメージを重ね合わせる。VRではヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着する方法が一般的だが、ARはHMDを必須としない。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
最近では、スマホダンボールで出来た簡単なHMDキットに差し込んで利用するものもできている。これなら千円程度でVRを楽しめる。スマホベースのHMDは現状では、片目で1K程度だが、HMDによるVRのニーズが高まれば、これが4Kや8Kに性能アップするのは時間の問題だろう。

 

16KのHMDも夢ではない
東京オリンピックの時には4K/8K放送を視聴できるように放送設備のインフラ投資が進められているが、これを16Kにするのは簡単ではない。しかし、スマホのディスプレイを16K対応にするのは端末デバイスの性能とコストのバランスの問題だけだ。HMDによるVRのニーズが高まればより臨場感のある16Kデバイスが意外と早期に実用化されるのではないだろうか。

キラーコンテンツはなんだろう
VRが普及するには、是非ともVRを楽しみたいという強い欲望を掻き立てるコンテンツが必要だ。過去のVTRやDVDなどのメディア戦略を振り返ると初期のブレイクはいずれもエロ系コンテンツだった。これが良いのかどうかは別にして、VRがブレイクするかどうかはやはりここにあるのだろう。すでにコンテンツは充実しつつあるようだ(笑)。

 

3Dの本格利用
HMDによるVRの視聴は3Dが前提だ。これまで家庭のテレビや映画で3Dの普及がチャレンジされ、なかなか本格普及しなかったが、VRは3Dをいとも簡単に実現したしまった。ただ、大勢で同じ映像を見て感動するというマスメディアの世界から一人ひとりが独自の映像を見て楽しむというパーソナルメディアの世界に突入するということなのだろう。

 

健康上の問題
テレビが普及した頃には、テレビから3m離れてみなさいと注意されたものだ。でも、HMDではスマホの画面が目の前にある。これって目に悪くないのだろうか?当然、長時間の視聴は目に良いわけがない。ただ、例えば、山頂からの景色のような映像を見ると視力回復に効果が出るのではないかという期待がある。どうだろう。

視力矯正ディスプレイ
ネットで調べてみると、少し古いニュースだが、視力矯正ディスプレイを開発したという報道があった(http://karapaia.com/archives/52174578.html)。視力の悪い人も裸眼で見えたり、視力を矯正したりできるようだ。まだまだ開発途上の技術だが、将来に期待したい。

 

カメラ内蔵のHMD
HMDが進化すると、HMDから現実世界の映像を見たいというニーズが出てくる。そのためにはカメラ内蔵のHMDが必要だ。ネットで調べてみると、戦闘機のパイロット用が開発されていた(http://japanese.engadget.com/2014/07/18/hmd-striker-ii/)。暗闇でも暗視カメラで撮影した映像を確認できるので夜間でも安全に飛行できるという。

 

街角でのHMD利用
iphoneが日本で最初に発売されたのが2008年なので、10年前にiphoneを街中で操作している人はほぼ皆無。平野ノラさんがギャグで使っているショルダーフォンが発売されたのが1985年なので30年前に街中で歩きながら通話していた人はほぼ皆無。同じように現在、街中でHMDをつけて歩くような危ない人はほぼ皆無。でも、10年後、30年後はどうだろう?

 

今後1年以内にHMDを15%が購入予定

昨年10月に実施されたインターネット調査会社による調査によると、約15%が今後1年以内にHMDを購入する(https://www.videoi.co.jp/release/20161013.html)という。

 

キャズムの理論
この15%という数字は実に興味深い。キャズムの理論によるとイノベーターと呼ばれる人は約2.5%であり、いわゆる新しいものに飛びつくセグメントだ。その次がアーリーアダプター(13.5%)と呼ばれるセグメントでここまでは欠点よりも利点を重視するので多少問題はあっても人より早く使うことに価値観を持つ人たちの間で使われる。しかし、その先のアーリーマジョリティやレイトマジョリティに普及するには先駆者が指摘した問題点を解決することが条件となる。つまり、利点は理解しても欠点があると購入しないというセグメントだ(http://naruhiko1111.com/1670.html)。

f:id:hiroshi-kizaki:20170611181259p:plain

 

2016年はVR元年
VRが普及する条件は揃いつつあるが、専用HMDスマホ活用型のHMDのどちらが主導権を握るのだろうか。いずれにせよ、一部マニア向けのコンテンツだけではなく、広く国民が楽しめるような健在なコンテンツの開発と利用が可能となることがポイントとなるだろう。