LuckyOceanのブログ

新米技術士の成長ブログ

iPhone X:変革の本質と目指すべき将来の可能性

iPhone Xの噂
iPhone X(テン)が2017年9月13日(日本時間の2時より)にAppleより発表された。噂で、今回の発表はiPhone 8iPhone 8 PlusとiPhone Xの3機種になると報道されていて、本当かなあと思っていたら、本当にそうだった。

iPhoneへの思い
Steve Jobsが初代iPhoneを発表したのが10年前の2007年1月だった。日本で発売されたのは翌年2008年7月11日のiPhone3Gだった。当時は、ライバル会社からの発売だったが、店頭に並んですぐに購入した。1989年にAplleのLC2というコンピュータを購入した当時からのAppleファンだったので、嬉しかった。でも、その頃のiPhoneAppleらしくバグが一杯残っていて、ヘビーな使い方をするとMacと同じように爆弾マークが出てフリーズした。懐かしかった。やはりAppleの製品だなあと変な郷愁の念を感じた。

iPhoneのナンバリングへの違和感
AppleiPhoneを毎年リリースして、2年おきにナンバーを変えていった。昨年はiPhone7をリリースしたので、今年はiPhone7Sのはずだ。なのになぜiPhone8なのだろう。なぜ、同時にiPhone Xをリリースするのだろう。なぜX(テン)なのだろう。疑問は尽きない。

iPhone Xの製品プレゼン
発表当日はさすがに日本時間の2時には起きれなかったけど、3時にパッと目が覚めた。そして、すぐにネットで見ようとしたがうまくいかない。YouTubeで探すとリアルタイム実況がすぐに見つかって、正座して聞いた(笑)。すべて英語で、日本語の字幕もまだ用意されていなかったが、英語でも意味はわかった。だって、ほぼ噂通りなんだもの!そして、プレゼンを聞いていて、AppleiPhone Xにかける情熱を感じた。

iPhone Xの来年以降のナンバリング
これは個人的な想像だが、Appleは来年以降はiPhone X 2018editionとか、iPhone Xシリーズ2というナンバリングに移行するのではないかと思った。そして、来年のナンバリングがiPhone 8S/8S Plusになるのか、iPhone 9/9 Plusになるのかに関心が集まる。個人的には後者だと予想する。その場合だと、2019年には廉価版のiPhone SEと高級路線のiPhone Xに集約していくのではないか。ただし、現在も過去の製品を売っているように、前年度のiPhone9や前々年度のiPhone8も製品ラインアップとしては残すだろう。

iPhone Xのチャンレンジ
顔認証とか、無線充電とか、フルスクリーンとか、防水とか色々な機能はあるが、それらはiPhone Xの本質ではない。iPhone XとそれまでのiPhoneが決定的に違うのはホームボタンの有無だ。Appleのユーザインターフェイス仕様書は分厚い。印刷したら数cmはあろうかと思う。Androidとの決定的な違いは、Appleがユーザインターフェイスを非常に重視していることだ。そのAppleがホームボタンをなくすというのはもう地動説から天動説に変わるような大きな発想の転換だと思う。

iPhone Xはホームボタンなしで大丈夫なのか?
大丈夫なわけがない。これがiPhoneの本質だったのだから。フルスクリーンにしても、仮想的なホームボタンを残す方法もあったはずだ。でも、Appleはホームボタンという機能をなくすことを決断した。そして、ユーザインターフェイスを変更した。これは、今後10年を見通した戦略的な決断でないはずがない。

Apple Watchの順調な立ち上がり
AppleApple Watchを2年前にリリースして、今年はシリーズ3だ。自分は初期のApple Watchを愛用しているが、これにも実はホームボタンはない。Appleの製品なので、ホームボタンが本当は欲しいが、小さな画面にホームボタンを設定してもユーザは嬉しくないのでサイドボタンがその機能を一部になっている。Apple Watchも初代のiPhoneほどではないが、時々動作がおかしくなる。さすがに爆弾マークはまだ見たことがないが、フリーズしたことは何度もある。言いたいことは、AppleApple Watchでホームボタンのないユーザインターフェイスもありだと気がついて、自信を持ったのではないか。そして、iPhoneには電源ボタンもボリュームボタンも付いている。だから、これをうまく使えばいいじゃないかと考えたのではないかと想像する。

顔認証技術の実現
iPhone指紋認証に成功した。しかし、今回の新機種シリーズでは、顔認証技術(Face-ID)にチャレンジした(参考1)。これは大きい。これが成功しなければAppleもホームボタンを削除できなかっただろう。しかも3Dで登録するので顔写真ではダメだという。指紋認証でロックしていても、寝ている時に指紋認証して、こっそりiphoneにアクセスするなんていう強者がいるようだが、寝ている時の顔でも認証するのかどうかが気にある。できれば、目を閉じた顔は登録しないので、寝ている時には認証しないでほしい(笑)。あと、このFace-IDでは一人の顔しか登録できない。指紋認証であれば最大5つまで登録できるので、家族で共有しているようなケースでは注意が必要だ。

f:id:hiroshi-kizaki:20170915095421p:plain

iPhone Xでのユーザインターフェイスの変更
ホームボタンをなくしたので、ホームボタン関連の操作は次のように変わった。まあ、慣れの問題であれば時間が解決するかと思います。
1) 初期画面への戻り(ホームボタンの押下)
 ・これは画面下からのスワイプ
 ・ロック状況からなら、顔認証で初期画面
2) ロック画面からの解除・指紋認証(ホームボタンの長押し)
 ・顔認証で初期画面。
 ・顔認証に失敗した時はパスワード入力
3) マルチジョブ画面の並列表示(ホームボタンのダブルクリック)
 ・画面下からのスワイプ&ストップ
4) 画面の下へのスライド(ホームバタンの高速ダブルクリック)
 ・これはどうするのだろう?
5) スクリーンショット(スリープボタンを押しながらセンターボタンの押下)
 ・「電源ボタン」と「ボリューム上部」の同時押下
6) Siriの起動(ホームボタンの長押し)
 ・電源ボタンの長押し
 ・もしくは「Hey! Siri!」と呼びかける。
7) ApplePayの起動
 ・電源ボタンのダブルクリック

Bluetooth5.0の実装
Appleは保守的な面もあるが、挑戦的な面もある。特に、無線分野では最新技術にトライする傾向にある。Wi-Fi802.11acへの適用もIEEE802.11acの最終規格を制定するのを待っていたかのように展開した。また、今回、実装したbluetooth5.0も昨年の12月にBluetoothの規格を制定しているSIGが発表したものだ。下の図のように高速、広範囲、大容量そして同時接続機能の向上を図ったものだ(参考2)。このBluetooth5.0への拡張は今後のIoTの展開をにらんだものだ。Bluetoothは別に詳しく解説したい。
f:id:hiroshi-kizaki:20170915102614p:plain
iPhoneシリーズの将来の拡張の可能性
特に根拠はない私の勝手な憶測だが、iPhone Xが今後10年を睨んだものだとすると、今回のプレゼンから感じた可能性は次のようなものがある。
1) AR機能の充実
AR機能の強化を図るということはプレゼンでも発言されていた。ゲームの機能をどこまで取り込めるかはゲーム機との闘いでもある。画面の解像度を上げたり、高品質音声に改善するだろう。iPhone Xの次は、折りたたみ式のiPhone Wかもしれない。また、以下に記載するように時計やメガネなど多彩な機器との連動があるだろう。
2) Apple Watchとの連動
今回、Apple WatchLTEに対応した。通話や簡単な情報検索であれば、Apple Watchのみで可能になる。今後、Apple Watchの機能拡張やiPhone Xとの連動が強化されるのではないだろうか。ただ、今回のSeries 3はBluetooth4.2なので、来年のSeries 4ではBluetooth 5.0に対応して、さらに連動の可能性が広がると期待する。
3) スマートグラスとの連動
複数デバイスの連動という意味では、スマートグラスもARの強化には必要だ。数年前からAppleも開発しているという報道がある(参考3)。Google Glassのような形なのか、ゴーグルのような形なのか、今後の開発に期待したい。

f:id:hiroshi-kizaki:20170915102656p:plain
4) スマートカーとの連動 
Appleが虎視眈々と狙っている新製品の一つはスマートカーだろう。Appleがイメージするスマートカーはどんだけスマートになるのだろうか。BMWは断固否定しているが、AppleBMWと連携してスマートカーを開発しているのではないかという噂は報じられている(参考4)。2020年には完全自動運転も解禁になると期待されているが、そんなタイミングでAppleらしいスマートカーが発売されたら買っちゃうかも(笑)。

f:id:hiroshi-kizaki:20170915103357p:plain

まとめ
今回は、AppleiPhone Xの商品発表で感じたことをベースに、Appleが目指すであろう将来の可能性を妄想してみました。なんの根拠もないけど、こんな楽しい世界が実現したら素直に嬉しいと思う。

以上

 

参考1) https://www.technadu.com/apple-iphone-8-3d-laser-scanner-facial-recognition/650/
参考2) https://mspoweruser.com/bluetooth-5-spec-released/
参考3) http://www.businessinsider.com/apple-is-working-on-smart-glasses-2016-11 
参考4) 
http://www.bmwblog.com/2016/08/20/apple-analyst-claims-bmwapple-joint-venture/