LuckyOceanのブログ

新米技術士の成長ブログ

Airbnbを使うことのメリット、デメリットとその対応方法など。

今回の旅行は、すべてAirbnbを使って宿を確保した。昔なら、バックパッカー同士で情報交換したり、駅のインフォメーションセンターでお薦めを聞いたり、アナログな方法で宿を確保したものだ。今は、スマホがどこでも使え、スマホがあれば、Airbnbのアプリで宿のオーナーとも自由自在に情報交換ができる。本当に便利な世の中になったものだ。しかし、Airbnbの宿はピンキリが基本だ。そして、そのタイプは、大まかには次の表の通り3つのタイプがある。

f:id:hiroshi-kizaki:20170811022559p:plain
(1) 共同ベッド型
・いわゆる二段ベッドが並んでいて、指定されたベッドで寝るタイプ。寝室も
 共有だし、お風呂やトイレも当然共有だ。
・問題はセキュリティだろう。実際に問題にあったことはないが、貴重品には
 ダイヤルロック等でガードするなどの自衛措置が必須だ。
・同室の人と仲良くなりやすいのはメリットの一つだろう。一人でレストランで
 食事をするのに抵抗があっても、同室の人と一緒ならリラックスして食事し
 ながら、旅の情報交換もできる。一石二鳥だ。
・タオルが用意されているケースが多いが、されていないケースもある。
 念のため、タオルを持参するのが賢明だ。
・できるだけ予算を抑えたいならこのタイプがお薦めだ。

(2) 部屋借用型
・マンションや一戸建ての中の部屋を使わせてもらうタイプだ。
・一人でリラックスできるし、セキュリティの問題もない。
・タオル等も用意されていることが多いし、台所用品なども自由に使えるケースが
 多い。
・ただ、オーナーとの距離感だ。個人的には、旅のお薦めや疑問点をぶつけて、
 いろいろと教えてもらうのがいいと思う。
・現地の人の考え方や風習や文化をダイレクトに聞けるチャンスだ。
・予算に問題がなければこのタイプはお薦めだ。

(3) フル借用型
・マンションや一戸建てをフルで使わせてもらえる。
・台所やお風呂などの施設も充実していることが多い。
・セキュリティの問題もない。
・ただ、オーナーとの待ち合わせ時間を事前に決めておき、かつ到着の1時間前
 に連絡する等をしないと待たされることになる。
・そこまでしても待たされることが多かった(涙)。
・問題は、若干費用が高いことだろう。それでも普通のホテルよりは安い。
・予算を抑えるには、自炊がお薦めだ。食材等を買って、部屋でゆっくり頂こう。

以上